icon

病院窓口での支払を軽減できる制度があります

健康保険では医療費が高額になった場合に、負担を軽減するため「高額療養費」制度があります。
この制度は1カ月に支払った医療費が一定額(自己負担限度額)を超えた場合に払い戻される制度です。

高額療養費の仕組みは、一旦医療費を全額支払った後、申請書を提出して返戻されるという流れですが、あらかじめ医療費が高額になると予想される場合には「限度額適用認定証」を提示することで、窓口での支払う金額が自己負担限度額までになります。

H24年4月までは入院時しか使用できなかったのが、外来診療でも使用することができるようになりました。

なお、限度額適用認定証の交付は申請から1週間程度かかりますので、ご注意下さい。

※窓口支払の一月あたりの自己負担限度額の上限額は、所得に応じて異なります。