icon

雇用保険の高年齢雇用継続給付金

高年齢雇用継続給付金とは働く意欲と能力のある高年齢者について、65歳までの雇用の継続を援助するために創設された制度で、60歳時点の賃金と60歳以降の各月の賃金とを比較し、賃金の低下率が75%未満の場合、65歳まで本人へ支給される給付金です。

支給額は賃金の低下率が61%未満のときは「実際の賃金額×15%」、61%以上75%未満のときは「実際の賃金額×15%から逓減した率」です。

(例)
60歳時の賃金…40万円
各月の賃金…20万円(賃金の低下率は50%)
60万円×15%=3万円

再就職後も要件を満たせば引き続き65歳まで支給されますので、60歳以上の方を採用された場合には確認すると良いでしょう。

なお、高年齢雇用継続給付の受給可能性がある場合には、H24年4月より雇用保険資格取得届を提出した後に、ハローワークから受け取る確認通知書に「高年齢雇用継続給付受給可」と記載されるようになりました。