icon

キャリアパス(介護事業の人事制度)

介護業界では、介護職員処遇改善加算受給のため、キャリアパス(介護事業の人事制度)を導入した事業所が増加したようですが、その運用について期待した結果は得られていないケースが多いようです。

本来の人事制度の目的は、介護事業所が職員一人ひとりの資質を向上させることにより、結果として事業所が継続発展することです。しかし現状は、単に職員の給与を決定するためのものとして利用され、このため職員から評価方法・内容などに関して反発され、中には職場環境が悪くなってしまっているケースも散見されます。

また、近年の介護業界のニーズの多様化に対応し、質の高いサービスを提供し、同業他社との差別化を進めていくためには、介護職員の資質向上が必要不可欠となります。

これらのために、介護職員がやりがいを感じ、定着し、さらなる良質な介護サービスを提供できる事業所となるキャリアパスの導入・運用が必要です。