icon

就業規則 労働基準監督署指導があり、やむなく作成したけれど効果が分からない

タイトルのようなボヤキを経営層の方から稀に聞くことがありますので、就業規則の効果について記載します。

「就業規則は、それが合理的労働条件を定めているものである限り、企業側と労働者との間の労働条件は、その就業規則という事実たる慣習が成立しているものとして法的規範性が認められる。労働者は、就業規則の存在及び内容を現実に知っていると否とにかかわらずまた、これに対して個別的に同意を与えたかどうかを問わず、当然にその適用を受ける。」

 これは、我々の世界では非常に有名な秋北バス事件という就業規則についての法的性質を述べた昭和43年12月25日最高裁判例です。

すなわち、就業規則はその内容が合理的であり、かついつでも労働者がその就業規則を確認できる環境さえ作っておけば、労働者が知っていようがいまいが、またその内容に対してたとえ反対していても、その就業規則は法律と同じと言っているのです。

このように甚大な効果がある就業規則ですが、まだまだその実力は一般的に知られるところとなっていませんので、定期的にアップする予定です。