介護保険法改正

介護保険法改正

介護職員処遇改善加算を受給するために

・訪問介護の登録ヘルパーに利用者宅間の移動手当を支払う必要がある?
・労働基準法・最低賃金法を遵守しなければ改善加算が受給できない?
・職員が労働基準監督署に駆け込んだら・・・?
・登録ヘルパーの研修時間にも賃金を支払う必要がある?
・サービス残業で事業の指定取消?

ご存じのとおり、本年4月介護保険法の改正が予定されています。
今回の改正では、労働基準法を初めとする労働関連法規違反で、罰金刑以上を受けている事業者には、指定の取消が明記されています。
また介護報酬に関して、これまでの介護職員処遇改善交付金から介護職員処遇改善加算と名称変更され、その要件も変更されます。

この機会に専門家にご相談いただき、労務管理を徹底し、企業・法人およびその代表者のリスク軽減を検討してください。
また介護職員処遇改善加算も受給していただき、職員の安定雇用にお役立てください。

ご相談のある方は、下記よりお問い合わせください。
こちらからご連絡申し上げます。なお、初回に限りご相談無料です。