社会保険労務士

社会保険労務士

社会保険労務士(社労士)は、毎年1回行われる国家試験に合格し、かつ2年以上の実務経験を
有するものに与えられる国家資格者です。
社労士になるためには、全国社会保険労務士会連合会の社労士名簿に登録、各都道府県社会保険
労務士会会員とならなければなりません。
社労士の職責を適正に果たすため、守秘義務をはじめ品位保持、知識の高揚、信頼の高揚義務を
掲げて品位向上に努めています。

企業は人なり

企業が成り立つ要素『ヒト・モノ・カネ・情報』とりわけ、ヒトの管理は大変重要です。
これに対応するため、ヒトのエキスパートである社労士が存在します。 安心してお任せください。

※にせ社会保険労務士に注意しましょう
国家資格である社会保険労務士は、社会保険労務士証票、都道府県社会保険労務士会会員証など身分を証明するものを所持しています。

仕事内容

  • 社会保険・労働保険関係書類全般の作成、届出の手続
  • 募集・採用から退職までの人事・労務管理に関するサポート業務
  • 給与計算の代行
  • 就業規則その他各種規定(給与、退職金など)の作成、整備
  • 各種労使協定書の作成、整備
  • 事業主、労働者に対する助成金・給付金・奨励金の申請代行
  • その他経営の4要素(ヒト・モノ・カネ・情報)のうち、ヒトに関する諸問題のサポート業務

また、上記業務以外にも弁護士、公認会計士、司法書士など各エキスパートと提携していますので、企業経営全般についてのご相談にも対応いたします。

社労士活用のメリット

  • 社労士には賞与、退職金、福利厚生費などの経費は必要ありません
  • 複雑な事務手続が正確かつ迅速に処理され、さらにコスト削減効果があります。
  • 労働保険/社会保険の加入・脱退、助成金・給付金・奨励金の請求、帳簿書類の作成など社会保険及び労働保険の事務手続を正確かつ迅速に処理することで企業のリスクマネジメントにも役立ち、結果としてコスト削減の効果があります。
  • 間接部門への人の配置の削減が可能となります。
  • 複雑で多様な能力を必要な人事労務管理業務は大変面倒です。
  • また人事労務管理専門スタッフの育成には多大な時間と費用が必要です。これらをアウトソーシングすることで、無駄を省き他の部門への人材投入が可能となります。
  • 複雑な事務手続に煩わされることなく、経営業務に専念していただけます。

社会情勢の急激な変化に伴い、労働・社会保険関係書法令の改正が頻繁に行われています。
その内容は、複雑かつ専門的であり、これらに精通していないと業務の適正な対応は困難となっています。
これらを専門家である社労士にお任せいただくことにより、経営業務に専念していただくことが可能となります

モデルケース

CASE 1
下記の条件で、製造業又はサービス業等の事業所である場合
* 全従業員数25名程度
* 労働・社会保険法令に基づいて書類の作成、申請の提出をしている パート(ア ルバイト)1名を雇用
* パート(アルバイト)の時給800円、1日6時間労働、月20日間勤務
*上記給与のほか、交通費、法定福利費(労災保険料)、福利厚生費(健康診断費他)、賞与代わりの  寸志などを支払っている。

上記「モデル」の場合は、年間 約130万〜140万円の人件費(コスト)が必要となります
社労士を利用されると・・・
年間 約69万円 程度 になります
年間 60万〜70万円のコストダウンが可能

CASE 2
* 社長様ご自身が労働・社会保険法令に基づいて書類の作成、申請の提出をされている
* 従業員数4名以下
社労士を利用されると月額2万円程度となります。

この書類作成、申請等の時間を有効利用され、月額2万円以上の利益をあげていただけるとコストダウンとなると思われます。

報酬について